壁紙にのりを付ける方法

一番の難関、のりづけ・・でも、マスターすると安い壁紙が使える!プロは、すべてこれ。



壁紙(クロス)糊付けの方法 

自分で壁紙に糊付けする方法

ここでは、のりがついていない、プロ仕様の壁紙を使います。

部屋数が多いときは、この壁紙がお勧め。
そして、実は、こののりが付いていないタイプが、一番貼るときに楽なんです。

プロは、この楽なのり無し壁紙を使っています。

 

クロス用の糊(のり)

のりは、ネット、ホームセンターで手に入ります。

お勧めは「アミノール」です。

ホームセンターでも見かけるようになりましたが、ネットでも簡単に購入できます。


(楽天で購入する)

のりは、水を加えて溶きますが、手ではなかなか溶くのがむずかしいです。

写真のように、ポリバケツに移して・・・
ドリルの先端に攪拌専用ドリルを付けて混ぜるといいと思います。

トローっとゆっくり垂れる感じにするのがコツです。

 

クロスにのりを付ける手順:

  1. 床に養生シートを引きます。

  2. 壁紙を貼る寸法ですべてカットします。

  3. 壁紙をシートの上に3〜4枚、重ねて置きます。

  4. ヒシャクでのりを均一にたらします。


  5. 一番上の壁紙からローラーでのりを塗ります。

    写真をよく見ると、3,4枚壁紙を重ねて置いているのが分かると思います。角を最初に糊付けして、最後に真ん中の方にのりを寄せていく感じ。角ののりは乾燥しやすいので。

  6. 一枚目の糊付けが終わったら、のりの面と面が合わさるように、折り曲げていきます。 30cm〜50cmくらいの幅で、扇子のように折り曲げます。

  7. 折り曲げたクロスをビニール袋の中に入れて保存します。


  8. この袋は、クロス用の専用の袋で、プロのおすそ分けです。
    ビニール袋の中に入れてしまえば、1日くらいはのりが乾きませんので、あわてて貼る必要はありません。

    また、のりを付けてから、15分以上おくようにします。
    のりがクロスをやわらかくして、伸ばしますし、のりのムラがなくなります。

    写真だと分かりにくいので、

    クロスの糊付けの動画をまとめました。ー>のり無し壁紙に糊付けする動画

    ((お勧め・・ホームセンターに依頼))

    最近は、ホームセンターで糊付けをしてくれるところがあります。
    もし可能であれば、頼んだほうがお得です。

    写真は糊付け機です。




壁紙の下地<−|−>壁紙の貼り方