DIYリフォーム-壁紙の寸法の出し方

リフォームの場合は、
すでに貼られている壁紙(クロス)の位置を参考に寸法を測ることができます。 古い壁紙の切れ目と高さを参考に 寸法を測ります。



輸入壁紙と日本壁紙の寸法

輸入壁紙の場合、壁紙の横寸法は53〜55cmくらいが多いようです。
一方、日本製の壁紙の横寸法は91〜97cmくらいになります。

輸入壁紙の方が、横寸法が半分ほどですので、
とくにトイレなど狭いところでは作業はやり易いと思います。
しかし重ね合わせの部分が多くなるので、
うまく重ね合わせの作業ができないと、切れ目が目立ちます。
また、一回の作業で貼れる面積は、日本製の半分になります。
壁紙貼りの一番難しいところ・・・プロとの差がでるところは、この重ね合わせの作業のところです。
のりが乾いたあとに、隙間があくこともあるので、最初は日本製をお勧めします。

 

高さ

実際の壁面の高さよりプラス10cmほどにして余裕を持たせます。
柄のある壁紙の場合は、20cmほど余裕を見たほうがよいでしょう。
一般的な部屋の場合、高さは2m40cmくらいが多いようです。
途中に小窓などがあっても、その窓の寸法をマイナスせずに、 壁があるものとして寸法を測っておきます。
(貼るときも、壁紙を窓の上から貼ってしまい、カッターで窓のところ切り出すとうまく貼れます)

メモすること

カンタンな図を描いて、どこに何センチの壁紙をはるのか、 きちんとメモを取っておきます。
あとから、どこに何センチをはるかがわからなくなってしまいます。

1枚多めに

実際に作業すると、どうしても失敗などがあるので、 一枚多めに購入しておきます。
のり付けをホームセンターに頼む場合も、 余裕分を注文しておきます。




壁紙の選び方<−|−>壁紙の剥がし方