DIYリフォーム入門

自分でリフォームするには? DIYリフォーム専用情報ページ! 工具の使い方、漆喰壁の塗り方、壁紙の貼り方、洗面所、トイレ交換、キッチン・・安く素敵にDIYするぞ!

DIYリフォーム-トイレを交換する5

フランジをつけた写真です。

壁紙と床のフローリングはリフォーム済みです。

フランジが付いてしまえば、残りの作業はカンタンです。

取り扱い説明書に基づいて、便器を設置します。

TOTOのこの製品には、フレキシブルホースも付属していましたので、
給水管との接続もカンタンで、他に購入するものもありませんでした。

完成しました!!

今回、試行錯誤を重ねながらのDIYのリフォームでしたので、
1週間ほどかかってしまいました。

実は、壁の下地がたいへん傷んでいて、
そこの補修の方で時間がかかってしまいました。

トイレの交換は、現在、リフォームトイレというものがあり、
配水管の位置をある程度変更できるものが一般的です。

これを使えば排水パイプを付け替える必要はありません。

私の場合は、トラップが地下にあったために、
そのまま新しい便器を取り付けると2重トラップ(排水がうまく流れない)
になってしまうので、リフォーム便器が使えませんでした。

しかし、リフォーム便器のアダプターは、


「かなり無理な角度で排水パイプを曲げているので、
詰まり安い・・・・」

と、ホームセンターの方が言っていました。

確かに、リフォーム用フランジを見てみると、
かなり無理をして曲げています。

床の工事をするのであれば、
排水パイプも自分で交換でるし、
そうすれば、一般の安い便器を利用できるので、
お勧めです。

さて、トイレは見違えるようにきれいになりました。

またまた、妻がとてもよろこんでくれました。

トイレは日に何度も利用するので、
そこが新しくなると幸せ度も、かなりアップします。

トイレのDIYリフォームおわり