壁紙貼りで、ちょっと面倒なのは電源コンセント、テレビアンテナコンセントなどのところの処理です。

電源コンセントのところに壁紙の貼り方

電源コンセントのプレートを外しておきます。

マイナスドライバーをプレートの下にある1cmほどの隙間に差し込んで、こじると、プレートが外れます。

古いタイプのプレートは、ネジで外すタイプのものもあります。

とにかく、プレートをはずしてしまいます。



DIYで壁紙の貼り方-3

 

中をみると、コンセントが金属または樹脂のフレームに挟まっているのが見えます。

この状態で上から壁紙を貼ってしまいます。

 

壁紙を貼った後で、カッターを使って、フレームに沿って壁紙をカットします。

その後、

プレートを元にもどします。

とてもカンタンです。

 

小窓のところの壁紙の貼り方

小窓のところは、窓の角のところをカッターで45度に切って、壁紙を貼ります。

 

部屋の隅などの壁紙の貼り方

部屋の隅に丁度、壁紙の隅が来るようにするのはよくありません。

10cm以上、隣の壁にはみ出すように貼ります。

 

コーキング

壁紙と柱との継ぎ目などに隙間ができた場合は、後からコーキング剤(「これがいちばん」・・など)を塗ります。

はがれ防止にも役立ちます。




壁紙の切り方<−|−>階段のクロス