DIYでの漆喰の混ぜ方と電動ミキサーについて

漆喰の混ぜ方・・というほどではないのですが、ちょっと参考になれば。

漆喰は、大きな丸い缶を使いました。

漆喰を混ぜるのに、最初は普通の木工用のドリルの先につける混ぜる棒のようなものをホームセンターで購入してきました。

木工ドリル(しかもかなり強力なやつ)を持っているので、これで十分対応できると思ったのです。

しかし、それで混ぜていましたが、とてもパワーが足りなくてドリル自体が痛んでしまいました。



結局、専用のミキサー(ドリルの形をしています)を購入しなければなりませんでした。

それほど多量の漆喰を混ぜたわけではありません。
だいたい2袋くらいでしたか・・・ドリルは強力なものでしたので、安心していましたが・・・

専用電動ミキサーは、混ぜる棒の部分もしっかりしています。

 

最初から水を多く入れすぎずに、少しずつ漆喰の粉に混ぜるようにします。

やはり、専用工具が売られている、ということは

その工具が必要だ・・ということです。

漆喰は、水に溶かすと大きな力でかき混ぜなければなりません。

トイレの中くらいの面積でしたら、

専用のミキサードリルなどはいらないでしょうが、

10畳くらいの部屋を塗るのでしたら、

思い切ってこうしたドリルを購入することもいいのではないでしょうか。

私のように、手元にある木工用ドリルを併用すると

加熱して大切なドリルを壊してしまう恐れがあります。




-->珪藻土の塗り方・動画