DIY・自分でトイレの温水便座(ウォシュレット)を取り外す

トイレの温水便座(ウォシュレット)、古いものを取り外してみます。以前は、業者が取り付けたものでも、簡単に取り外しできます。
前回までの話

雑巾、2~3枚。小さなバケツなどを用意しておくといいでしょう。

最初に水の元栓(止水栓)を閉めます。

止水栓がない場合は、水道の元栓を閉めてください。

止水栓が古い場合は、回りにくいことが多いです。

ゆっくり根気よく回してください。



給水ホースを外す

温水便座へ給水ホースが伸びているので、それを外します。

最近では、下の写真のように、パチンという感じで、プラスチックの部品(クイックファスナー)ではめてあることが多いようです。

マイナスドライバーを差し込んで、軽く開けます。

 

開くとこんな感じ・・

 

あとは、指で外れます。

ホースを外すときに、水がもれる可能性があります。

バケツを用意してください。

 

古い便座の裏の取付ボルトを外す

古い温水便座は、大体の場合、裏から便器にボルト止めされています。

これは、パナソニックの温水便座の樹脂製のネジ。

 

これを手でひねって外します。

外す途中の写真。

2本の樹脂製のネジが見えます。

便座を、完全に外す前にやることがあります。

水抜きです。

温水を抜き取る

温水便座の中には、タンクがあって、水がたまっているので、それを抜き取ります。

 

大きなネジっぽい部分があれば、緩めてみてください。

 

水が流れ出しました。

 

便座の真ん中から、水が抜けています。

 

水が抜けたら、古い便座を完全に撤去します。

 

水のパイプと分岐部品を外す

タンクとつながっているパイプを外します。

タンクのフタをずらして、タンクの中のボールタップ(白い浮き輪のようなものとその部品)が回らないように、手で押さえながら、外のパイプの袋ナットを緩めます。

(ポイント!)

ボールタップは、回ってしまう可能性が高い・・というか、回るでしょう。

回ってしまったら、そっと元の位置に戻します。

戻さないと、タンクの壁にボールがぶつかって、水が止まらなくなったりします。

 

止水栓側も、ナットを外します。

(ポイント!)

ここで、パイプ内の水が流れ出るので、バケツを下に置いておくこと。

 

分岐金具もゆっくり外します。

これで、新しい温水便座を取り付ける準備ができました。

次回は、新しいTOTOウォシュレットTCF317を取り付けます。




前へ<−|−>次へ