外壁を塗装・養生シートの貼り方

外壁の塗装。窓とかどのように養生するか?昭和のかわいい平屋。養生の様子を紹介します。



外壁塗装の養生の仕方

昭和20年代に建てられた平家は、DIYリフォームしてあげると、かわいくておしゃれになります。

平屋なので、リフォームがやりやすい。

もちろん、リフォームの中で一番お金がかかる外壁塗装もDIYで十分可能。

ペンキ代などの材料費は、せいぜい3万円くらいを考えておけばいいかと・・

ところが、時間がとれない(^^;

 

しかたないので業者さんを探し出して、見積もりをとったら10万円でやってくれるとのこと。

「10万なら、お願いします!」

と、お願いしてしまいました。

時間のことを考えると、絶対お得ですから。

 

しかし、せっかくプロに頼むのですから、技を盗みましょう。

養生のやり方、見せていただきました。

 

家の裏側、勝手口、窓、しっかり養生しています。

樋も、完璧。

 

窓のアップ

電線まで

樋です。

なかなか面倒な作業だと思います。

庇(ひさし)

今までも外壁は何度か塗りましたが、ここまでパーフェクトに養生していませんでした。

風が吹いて、剥がれかけてあわてたこともあります。

プロは、養生シート、たっぷり使っていますね。

地面の上には、再利用可能なシートを敷いていました。

この後、シーラー、上塗り2回で仕上げてくれました。




天井塗装<−|−>玄関の塗装