DIYで、トイレのノブ(円筒錠)をレバーハンドルに取替

トイレのドアのノブが、傷んできて、いよいよ交換です。

どうせ交換するなら、ちょっとレベルアップしてレバーハンドルに交換してみます。



取り換えるドアのノブの選び方

ホームセンターに行くと、取り換えるドアの取っ手部品はいっぱい売っていますが、寸法が合うかどうか心配。

結構、価格も高い。一番シンプルなものでも3千円程度。

今回のレバーハンドルは4300円でした。

 

既存のドアノブにうまく適合する商品を選ぶ時には、「バックセット」と「扉厚」が大切なポイントです。

下の図を参考にして下さい。

この図は、新規に取り付けるときの穴あけのための下図です。

バックセット・・ドアノブの中心から扉の端までの長さ。

この寸法が一番大切です。

今回、購入したのはこの商品です。

円筒錠からの取替OKと記載されています。

また、トイレなので、カギ付きです。

取付説明書です。

円筒錠からの取替方法は、右下に記載されていましたが、実際には、左の新規取付の方法で可能でした。

 

古いドアノブを取り外す

見えるネジをどんどん外していきます。

ノブを反時計方向に緩めて、外します。

外れました。

ストライクの取り外し。

マイナスドライバーで金属の板を浮かせてとります。

 

↓一番複雑なラッチという部品です。

引き抜きます。

このラッチだけ交換という方法もあります。

かなり安くあがります。

今回は全体が寿命なので、全部交換しました。

すべて、外せました。

次回は新しいレバーハンドルを取り付けます。





ー>次へ