アルミサッシの戸車(車輪)を交換する方法

リビングのアルミサッシが大変重く、動きません。サッシ屋さんに来てもらったら、家がきしんでいて、アルミサッシ全体が交換とのこと。数十万・・かかるかも・・(一か所ではないので)。
この数十万を数千円にできないか?と、いうことでダメもとで、自分でやってみることにしました。
アルミサッシをよく見ると、上に隙間があります・・・と、いうことは、プロのサッシ屋さんがいうように、サッシの枠が垂れてきているのではなく、車輪の不具合の可能性があります。

 



 

早速、サッシを取り外して戸車を見てみることにしました。

しかし・・・はずれません! 
サッシの枠も、いくぶん垂れているようで・・
こうしたときは、車のジャッキを使います。

ジャッキに角材をかませて、窓枠を広げます。写真は、角材を置いただけですが、後でずれないように金属の板などで工夫しました。

うまくはずれました!

車輪を見てみると、樹脂製で割れています。
原因はこれでしょう。
長年の使用のために、車輪自体が壊れていました。これを交換すれば何とかなりそうです。
メーカーはすでにないので、交換部品は購入できませんでした。
しかし、サッシに後からはめ込むための戸車があるのが分かりました。 早速ネットで注文しました。
私は、大工道具・金物の専門通販アルデの楽天市場店を利用しました。

ヨコヅナ メタル入り取替戸車 ステンレス車(8型・丸型)(1箱・20個)(AAS-0081)

商品が到着したので、早速試してみます。
商品の寸法などの詳しい説明は販売店のページに載っているので、ここではしませんが、戸車の両側の羽根のような部分を、サッシに引っ掛けるタイプです。

車輪は金属製で、丈夫そうです。

古い戸車と形は全く異なります。古いものは完全に撤去してしまいます。

ドライバーでこじって部品を外しています。

なんとかはずれました。

新しい戸車をはめ込みます

パカッと、差し込むだけですので、簡単です。

早速試してみました。うまくいきました!
サッシがスムーズに開閉できるようになりました!!
数十万かかると言われたアルミサッシですが、簡単にDIYで直すことができました。

今回は、家のサッシほとんど全部を交換しました。特に、鉄の網入りの重いサッシがありましたが、それは戸車を3個いれました。

★ポイント:
下はネットで購入する前に、試しに近くのホームセンターで購入したものです。

はめたときのサイズが合わずに、使うことができませんでした。
戸車を注文する前に、サッシをはずして、寸法を確認することが必要です。
特に車輪の入る深さ(サッシの高さ)が大事です。
詳しくは、販売店のページに書いてありますが、いろいろなサイズがあるので、自分のサッシにあった型番のものを選んでください。



今回、私が購入したものは、こちらです。

商品番号 : 2204-AAS-0081 と 2204-AAS-0081
商品名  : ヨコヅナ メタル入り取替戸車 ステンレス車(8型・9型丸型)(1個価格) AAS-0081
単価(税込)  : 500円前後
大工道具・金物の専門通販アルデ
プロの工具ショップ YOSHIMURA 楽天店

 




芝刈り機の動画<−|−>ドアがバタンと閉まるのを直すドアクローザー