床がギシギシいうのを直す-その2・DIYリフォーム入門

前回に引き続き、床がギシギシいうのを直してみます。

今回は、クッションフロアを敷いた台所に続く廊下の一部分です。

クッションフロアをうまくめくりあげてみます。

床を見てみると、へこむ箇所があります。

床板の継ぎ目をさがしだして、カッターナイフで継ぎ目に切り込みをいれ、板をうまくはがします。



根太はほとんど傷んでいません。

ただ、一本だけ弱っているので、その根太の隣に同じ木材で新しい根太を作りました。

根太はだいたい45cmx45cmx2mの角材で、ホームセンターで4本一束で980円でした。

写真は、古い釘が抜けないので、ディスクサンダーでカットしていうところです。

 

古い板と同じ厚さ・・この場合は12mmの下地板を同じ大きさに切って、はめて出来上がりです。

 

この後、めくったクッションフロアを元に戻し、角を両面テープで留めて完了です。

今回は、根太、束などはほとんど傷んでいなかったので、作業がはやく済みました。

 




床がギシギシいうのを修理-その1<−|−>目隠しフェンスを自作