天井の板の溝にパテを塗る

天井を平らな感じにしたいので、溝のところにパテを塗ります。

その前に、養生をしっかりします。



養生は、専用の養生シートを使います。

傷んでいるところなどに、サンダーをかけます。

高いところのサンダーは目に粉が入らないように防護します。

しっかり、マスクもします。

職人さんは、なぜかあまりマスクをしませんが・・・

 

パテは、ワイドスーパーを使います。

水の量は袋の説明に従ってください。

 

パテ塗りは、専用コテを使う

パテ塗りもコツがあります。

まず大事なのは、道具です。専用コテを用意します。

漆喰を塗るときのコテや、お好み焼きの料理のコテなどを使うとうまくできませんし、時間がかかります。

専用のものは、刃が薄くて弾力があります。

コテは大中小の三種類あるといいです。

 

パテ塗りの手順

手順に従うと、スピードが5倍くらい早くなります。

まず、溝に90度水平にして、ちょんちょん、とパテ材を置く感じ。

パテの低い山が数か所できたら、コテで少し力を入れて、コテを立てて、一気になでます。

溝の中にパテが入るとともに、平らなところはパテを削り取ります。

平らな所にまでパテが残ってしまうと、山になってしまい。

後でその山が盛り上がります。

平らな所には、パテはほとんど残しません。

パテを数か所おいてから、一気に溝にそってコテでなでる。

 

全部、パテを塗り終えました。↓

時間はそんなにかかりません。

天井の修理した部分は、丁寧にパテを埋めて、段差を消します。




−>次へ