のり無し壁紙クロスに糊付けをする動画・・なかなか見られないテク

なぜ、のり無しのクロスを使うか?それは、貼りやすく、価格がかなり安いからです。

慣れてしまうとホームセンターで売っている糊付きのクロスは、使くづらくてしょうがありません。

クロスの糊付けは、実際にやってみると、結構コツがいると思います。
私も、最初は糊付け機でつけてもらっていたのですが、
途中から手作業でやったものですから、かなりとまどいました。



壁紙(クロス)の張替え--動画で見る糊付けの方法

 

    最初の失敗は、糊を薄めすぎてしまったこと。
    張るときに糊が乾いてしまって、壁紙がはがれてきてしまいました。

    もう一つの失敗は、壁紙の端まで糊がうまく付かなかったこと。
    やはり、隅のところは乾きやすいので、多めにつけると良いです。

    文章でいくら書いても分かりにくいので
    Youtubeで糊付けの説明動画を貼りつけました。

    動画は、ローラーで糊付けをしているところです。

    【壁紙への糊付け方法-1】

    動画にすると、かなり分かりやすいですよね。
    壁紙は、5〜6枚重ねてやるといいと思います。
    その辺も、分からない部分でした。
    一枚一枚並べて糊を付けるのかと思っていました。
    最初に壁紙の四方に糊をたらすのもおもしろいですね。

    私の場合は、自分でのりを作って(練って)ボトルに詰めています。

     

     




壁紙の剥がし方の動画<−|−>壁紙を天井貼る動画