DIYではなく、やっぱりプロに任せるべきか?

もっと、安心できない理由を・・・職人さんすみません。もちろん全部の職人さんが、というわけではないけど、区別できない。

DIYを自分でやろうとするときには、私もいつも迷います。時間がもったいないから、プロに頼もうか・・・実際、予算次第では、プロに頼むことも多いんですが・・



プロの職人さんに任せれば安心か?

リフォームに関してプロはうまいか??後々安心か?

答えから書きますが、決して安心できません。

DIYでやったほうが、安心できます。

最近は、職人さんの技術が落ちてきて、
家を建築する場合でも、
ほとんど工場でプレカットされた材木を、
職人さんが プラモデルのように組み立てるだけです。

カンナも使いません。

ですから、職人さんの技術力といっても
どんどん落ちてきています。

リフォームは現場の状況でケースバイケースになることが多く、
技術的に結構、高度な作業になります。
リフォームができない大工さんも、職人さんも増えてきました。
あと10年もすれば、
リフォームできる大工さんがいなくなる・・とも言われています。

今までも自分が職人さんに頼んでも、
たいしたことはやっていないなあ・・・というのが実感です。
道具が違うだけです。

それに・・問題は

プロは日当計算のために、
早く仕上げたいと常に思っています。

そのため、
必要最低限のレベルで作業を済ませます。

それに、
手抜きほどではなくても、
見えないところは
特にカンタンに済ませます。

現在の建築業界の状況から、
この現状は個人的に理解できます。
もし、自分がプロだったら、
同じことをするでしょう。


DIYリフォームの場合は、
自分の家ですから、
納得がいくまで作業を続けます。

DIYでは見栄えはプロに劣るかもしれませんが(これも実はそうでもない)
後々長持ちする家になります。

長持ちする・・と言えば、
リフォームの技術がついてくると、
ちょっとした修理はすぐに自分で治せるので、
それも家の長持ちの理由になります。




-->リフォーム用の不動産を選ぶ